上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E2E5E2E2808DE2E5E2E6E0E2E3E09180E2E2E2E2
    (nikkei.comより)

     地球の周りには、月以外にも数多くの小さな“ミニ衛星”が回っている可能性があるとの研究結果を米ハワイ大などの国際研究チームがまとめ、6日までに天文学の専門誌に発表した。その正体は本来太陽を回る小惑星。地球の近くを通った時、重力に引き寄せられ、一時的に地球を周回するという。ほとんどは直径1メートル以下だが、10万年に1度、地上から肉眼で見える直径約100メートルの大きさの星が地球を回る可能性もある。チームはスーパーコンピューターを使い、地球に近づく1千万個の小惑星の軌道を解析し、ミニ衛星になる可能性を調べた。この結果、歴史上のどの時点でも、重力に引き寄せられた直径1メートルほどの小惑星が少なくとも一つ、地球を周回しているとみられることを突き止めた。より小さな小惑星はもっと多く回っているという。こうしたミニ衛星は、月などの重力の影響で多くが1年未満で最終的に地球に衝突したり、再び太陽を周回する軌道に戻ったりするが、周回が数十年に及ぶものもある。だが、月のように何十億年も回るわけではないという。

    スポンサーサイト

    http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120406-OYT1T01057.htm
    (YOMIURI ONLINEより)

     関西電力は6日、定期検査中の高浜原子力発電所4号機(福井県高浜町)について、安全性の余裕を調べるストレステスト(耐性検査)の1次評価結果を、経済産業省原子力安全・保安院に提出した。
     地震の揺れに対しては、設計時の想定の1・77倍まで、津波に対しては4・1倍の10・8メートルまで、炉心損傷は起きないとした。関電では6基目、全国では18基目の提出となる。


    ▼続きを読む▼

    http://www.asahi.com/science/update/0404/TKY201204040495.html
    (asahi.comより)

     「光より速いニュートリノを観測した」との実験結果を発表した国際研究グループOPERA(オペラ)の代表ら2人が辞任したことが分かった。2日付英科学誌ネイチャーのウェブサイトが伝えた。 同グループは昨年9月に超光速ニュートリノの観測を発表したが、発表直後から反論が続出。ネイチャーの報道によると、研究グループで内紛が数カ月続き、3月末に2人の不信任投票が行われた。不信任票は代表などを辞めさせるのに必要な3分の2には達しなかったものの半数を超え、2人は自発的に辞任した。 グループは2月、実験に使った時計とケーブルについて、実験結果に影響する可能性がある「問題」があったと認めていた。

    ぼたん

    Author:ぼたん
    当サイトは主に政治や経済など今、話題になっているニュースにコメントをするのが目的である。
    ただ、一国民の一方的な意見であるためそれに賛同せず反対する人もいるでしょう。真っ当な反対意見を述べるのは有難いですが、誹謗中傷をする方は即刻立ち去ってください。
    これから頑張って行きますのでよろしくお願いします。

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    03 | 2012/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。